スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



|  スポンサー広告

答えは自分の中にしかない2010-06-20(Sun)

Tag : 
KIEVII Jupiter-1235mmF2.8 ILFORDXP2 

『木陰にて』
KIEV II
Jupiter-12 35mm / F2.8
ILFORD XP2
先日書いた課題ですが、一応それに沿って撮ってみてます。

よく考えたらフォーマットに因ってもそのサイズっていうのは変わると思われるわけで、ネットで見られるスクエアの写真をいろいろ見てまわってます。もしかしたらかなり違うかも。

サイズの分岐点ですが、多分誰だか分からないというのじゃないかという気がしてます。ものすごく小さく人が写っていたら、その人は誰だか分からないですよね。大きかったら逆。分かりすぎ。自分から見て丁度いいのは「分かるけど分からん」ぐらいのところ。そのぐらいなら周りの状況とバランス良く配置されるのではないかな~。

自分にとっての丁度いいところというのが具体的には分かっていないので、とりあえずこのぐらいじゃないかというところで仮説を立て、撮ってみて結果をチェックしたいと思います。
なんか、そう思ってみるとスクエアフォーマットが無限のような気がしてきた。

人写ってないけど、今日の写真は割りと好き。

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:モノクロ




Comments(0) | Trackback(0) | KIEV II Jupiter-12 35mm F2.8

結果、自分に返ってくる « HOME » あなたはどれぐらい

Comment

Commentの投稿

TrackBack



CALENDAR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。