スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



|  スポンサー広告

光の中を漂うように2010-10-17(Sun)

Tag : 
FlexaretVI Belar80mmF3.5 FUJIFILMPRO400 

『ふわりふわり』
Flexaret VI
Belar 80mm / F3.5
FUJIFILM PRO400
以前フレクサレットを貸した子がその写真を見せてくれた。

なかなかいい写真だったので、自分もまた使いたくなった。

それにしてもやっぱりレンズが曇っているのかな。
フレアがバリバリでちょっと困る。このカメラを使っている人のサイトをチェックしてもここまでひどくはない。

撮り方によってはこれはこれでドリーミーになりそうな気もするので、このままにしておこうかな。なにせ直すとなると別の一台が買えそうだしね。

久々に覗いたファインダーの暗さにもびっくりしたな。
7型からはフレネルが入るらしいけど、6型まではなし。
まぁ、ここ最近はレンジをよく使っていたから比べるべくもないけど。

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:銀塩写真




Comments(2) | Trackback(0) |  Flexaret VI

薄れていく記憶 « HOME » 生命維持には必要ない部分が文化だろ

Comment

おつかれさまです

や、ハレ描写として、すごく気持ちいい画面だと思いました。
・・・というか、ハレーションって、人様の作品のなかでは、
結構ポジティヴに捉えることができるんだけど、
自分の画面のなかで発生したときは、
それでもなんだか疎ましく思ってしまい勝ちですよね。

フレクサレットは直すの、けっこうかかるのでしょうか。
国産二眼レフよりは高価なのかな?
わたしはいま、実はプリモのオートマットを使ってるのですが、
ブロニカよりもファインダがイイくらいに感じて、
なかなか複雑な思いです。
というのも、わたしは二眼レフ、いまだに手ぶれ限界がすごく低いので(汗

2010-10-17 15:31 | URL | doca [ 編集]

>どかさん
うまく生かすことができれば面白いかなとは思うんですけどねー。
いつもこんな感じだと、ちょっと・・・。

> フレクサレットは直すの、けっこうかかるのでしょうか。
おそらく程度のいい中古品を探すほうが安くなりそうです。
思ったよりも玉数もあるようですし。

> わたしはいま、実はプリモのオートマットを使ってるのですが、
お、東京光学ですね。私もいいなと思ってました。
でも玉数が少なくて、お値段も・・・。

ファインダがいいんですか。うらやましい。
やっぱりフレネルが入ってないと暗いです。
久々に見たら真ん中のわずかな範囲でしかピントが合わせられませんでした。

2010-10-17 16:33 | URL | スライ [ 編集]

Commentの投稿

TrackBack



CALENDAR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。