スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



|  スポンサー広告

光が銀を焼くのだ2010-10-28(Thu)

Tag : 
HEXAR RF NOKTON35mmF1.2 KodakSuperGold400 

『和柄』
HEXAR RF
NOKTON 35mm Asph. / F1.2
Kodak Super Gold 400
モノクロみたいになっていますが、カラーです。

フィルムで撮っていると、いろんなフィルムで撮ってみたくなります。撮り始めたころはそんなに多様なフィルムがあるってことを知らなくて、適当に安いフィルムを使っていました。このコダックスーパーゴールドもよく使ったなー。

ポジはほとんど使わないので、ネガばかりですが、それもだんだん種類が減ってきたりしています。メーカーが撤退したりしてますしね。

最近はモノクロフィルムにちょっと興味が移っていて、いつもは感度100ならフジのアクロス、400ならT-MAX、超高感度ならイルフォードDELTA3200ってところですが、他のも使ってみたい。例えばADOX。『月1会』のサイトに会長の文章が載っているのですが、なんか面白そう。はっきりと違いが分かるのかといったら私にはどうかな。でも焼いてみたら結構違うかもしれないと思って使ってみたくなりました。

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:銀塩写真




Comments(0) | Trackback(0) | HEXAR RF Nokton 35mm F1.2 Asph.

細かく破砕された粒子が熱を奪っていくんだ « HOME » 1枚の中に100枚が隠れている

Comment

Commentの投稿

TrackBack



CALENDAR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。