スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



|  スポンサー広告

利便性2011-02-13(Sun)

Tag : 
NikonF100 AiAF35-70mmF2.8D FUJIFILMNATURA1600 
『Boogie』
Nikon F100
Ai AF 35-70mm F2.8D
FUJIFILM NATURA1600
NATURA1600は某雑誌で取り上げていたように、露出オーバーには滅法強い。しかしながらアンダーになると粒子の粗さが目に付くようになります。ある程度オーバーで撮っておき、あとで調整するのがいいように思われます。

ライブのときはAEは使えません。逆光が強いし、コントラストの強い照明ではまともな測光ができないと思います。私の場合は絞りは開放で動かしませんし、シャッタースピードはその時の照明しだいで±1段程度の変更です。

超高感度、枚数制限、露出確認といったところからライブ撮影ではデジタルのほうが向いていると思います。これまで超高感度の画質が気に入らなかったのもあって、まだデジタルにはしていませんが、最近出てきた中級クラスのカメラの超高感度における画質は大きく改善しているので、そろそろ検討かとも思っています。

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:祭り/イベント




Comments(0) | Trackback(0) |  Nikon F100

チャレンジ、チャレンジ « HOME » 見ること、見られること

Comment

Commentの投稿

TrackBack



CALENDAR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。