スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



|  スポンサー広告

高速で移り変わる時代と固定化された自我2011-04-29(Fri)

Tag : 
NikonF3 Nikkor-S35mmF2.8 AGFAVISTA100 

『灰色の城』
Nikon F3
Nikkor-S 35mm / F2.8
AGFA VISTA 100
大学では毎年新入生歓迎会のようなものが開催されます。

この3年ほどパンフレット作成と写真撮影を中心に手伝いをしてきたのですが、毎年どんな新入生たちが入ってくるかワクワクなのです。年によって目に見える違いがあって面白いです。

歓迎会は入学式当日ではなく、授業開始の日までの間で行われます。なので、歓迎会にはラフな格好をしてくるのが当たり前なのですが、今年はちょっと違いました。入学式当日ではないので、スーツということはないのですが、みんな結構お洒落でした。ちゃんとお洒落として着ているって感じで、ダラダラしてなかったです。いつもはもうちょっとダサいというか、お洒落に慣れていない感じもあったのですが、今年は違いましたね。

考えてみれば、高校卒業したてなわけで、それほどお洒落に気を使うほどのお金も機会もなかったはず。なので、着慣れていない感じがあっても当たり前。それも時代によってどんどん変わっていくのでしょうね。

今回の写真はまだ暑い頃にとったもの。放置していたフィルムとレンズで撮りました。レンズはAi化されていません。フィルムは使ってみてあんまり好きじゃなかったので、買ってあったものの使っていませんでした。たぶん今後もこのフィルムは使わないかな。

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:お散歩写真




Comments(2) | Trackback(0) | Nikon F3 Nikkor-S AUTO 35mmF2.8

明日はきっと « HOME » 旅するフィルム

Comment

23の頃よりも今の高校生って明らかに大人っぽいよね~^@^女子は^^  化粧なんて今は当たり前だし体型なんかも手足が長くて驚くよね^@^

2011-04-30 14:26 | URL | 23 [ 編集]

>あにぃ

ほんとにそうですね。美人が多いです。
我々の頃は・・・。ゴホンゴホン。
時代は変わっていきます。

2011-05-01 17:25 | URL | スライ [ 編集]

Commentの投稿

TrackBack



CALENDAR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。