スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



|  スポンサー広告

指針2012-03-28(Wed)

Tag : 
KONICA-AUTOREFLEX-T3 HEXANON-57mmF1.4 KodakTri-X 

『morning light』
KONICA AUTOREFLEX T3
HEXANON 57mm F1.4
Kodak Tri-X
月1会の月例コンテストではテーマに合わせた(自分が合っていると考える)写真を提出する。ということは、テーマに合っていない写真は自分がどんなにいいと思う写真でも提出できない。

写真集や写真展でもテーマが設定されると、同様なことが起こる可能性がある。どんなにいい写真でも、テーマに合っていなければ使われない。

以前に参加した合同モノクロ展では、全部で5枚出展した。モノクロであればOKという、ゆるやかな縛りだけだった。出展作を決めるのにあたって、1枚だけがすぐに決まった。それ以外はその1枚に沿ったものを選んだ。なんとなく自分の中でテーマを設定していたのだ。

この時、(自分の中で)100点だったのは、初めに決まった1枚だけだ。あとは100点だったとは思えない。少なくとも自分で100点だと思えないものを出すのは、見てくれる人に対して失礼なのではないかとも今は思う。自分自身のことなので、チェックが厳しくなっていると思われるのかもしれないが、月例コンテストで優勝したり、上位にいったものは自分として写真単体としても良く、テーマにも合っていると思っているものが選ばれている。自分の見る目はそれほどおかしくはない。

月例コンテストでは1枚勝負だが、写真集や写真展ならばある程度の枚数を100点とまでは言わないが、高得点で揃えなければならない。そのためにはどうしたらいいのか。



Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:モノクロ




Comments(2) | Trackback(0) |  Etc

量の中に質がある « HOME » 違いは何だ

Comment

写真展開催にあたって枚数を揃えるのは結構大変だと思う^^
それを解消するのに一番間違い無いのは普段から枚数を撮っておくことだろうね^^
なんだかんだでそれに尽きると思う^^

2012-03-29 00:36 | URL | 23 [ 編集]

あにぃ

全くそのとおりですね。
やっぱり撮らないと。
当たり前ですが大事なことですね。

2012-03-29 23:15 | URL | スライ [ 編集]

Commentの投稿

TrackBack



CALENDAR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。