スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



|  スポンサー広告

『月1会』3月度テーマ優勝者決定2012-05-12(Sat)

Tag : 
LeicaIIIg TokyoKogakuTopcor35mmF2.8 FUJIFILMACROS  






「月1会」3月度月例コンテスト「春眠」の優勝者が決定しました。
優勝はfine-viewさん。おめでとうございます。作品はこちら

今回はテーマに対して私もどういったものを撮ろうか相当悩みました。そして参加者皆さんの写真を見て、ビックリというか、そう来たか!って感じでした。投票にも困りましたね。一応今年から一人2票までと決まりましたので、以前のようにいいと思うものにどんどん投票するということができません。結果、私はTsukanetさんとcarimamuさんに投票しました。Tsukanetさんの作品は私が考えていたものと狙いが同じで、アップされたのを見て「やられた!」って思いました。狙いは同じでもこういった作品を作れたか分かりません。carimaruさんの作品は「春眠」に対して既に寝ているところではなく、眠りに誘うものとして表現されました。それは春に限らないじゃないかとも言えますが、画質と相まってとても春らしく感じられました。

fine-viewさんの優勝作品ですが、もう1票入れることが出来たならきっと入れていたと思います。
この作品は色々気づかされます。写真は確かにその瞬間だけを写すのですが、そこまでの過程は必ず存在していて、今この状態になるまでのこと、それからこれからどうなるのかといったことまでが想像することは本当は可能です。私の場合、花を見て花があるとだけ思ったかもしれません。が、花が咲くにはそこまでの成長があり、つぼみであれば咲くときがくるということです。次の段階への成長のために今の状態を眠りと表現し、力を蓄えていると捉えたその感性は素晴らしいと思いました。

過去・現在・未来を思わなければ、二つの花がともに咲いているところを撮ったかもしれません。つぼみの姿も撮るということは、被写体の持つ時間を深く愛しているということだと感じました。その時その時の画面作りに汲々としているのでは撮れないものだと思います。

「この先」をも感じさせる作品なので、キャプションにより見方の方向が示されていますが、仮に「春眠」のタイトルだけであったとしてもそれほどブレずに見ることが出来たのではないでしょうか。


Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:モノクロ




Comments(0) | Trackback(0) |  Etc

違いの分かる男になったか « HOME »

Comment

Commentの投稿

TrackBack



CALENDAR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。