スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



|  スポンサー広告

現実に迫る危機2012-10-02(Tue)

Tag : 
FlexaretVI Belar80mmF3.5 FUJIFILMREALAACE100 





今日は移動の多い日でした。

中判のカラーネガをちょうど手に入れようと思っていたところだったので、移動途中で写真屋によって買おうとしておりました。ところが、店に一つもない! まあ、そういうこともあるかと他の店にも行ったのですが、そこにもない。3店舗に行きましたが、結局入手出来ず。とんだ無駄足でした。

どの店も135はカラーネガがありました。一番種類の多かった店でカラーネガ、ポジ、モノクロと揃っていましたが、中判はポジとモノクロがわずかに。ちょっと前まであったような気がしていたのですが残念です。腹が立つやら、悲しいやら。

ネガはなくともポジはあるというお店もあったので、「画質うんぬん言うんだったらポジ使えよ」というメッセージなのか、それとも「ネガは儲からないんだよ。ポジにしろ」と言っているのか。


中判て流行ってないんかな。デジタルからフィルムに移行した女の子なんか、二眼が使いたいとかいうのをよく聞くんですけどね。でもその多くが、ホルガ・ダイアナからローライ・ハッセルですからジャンプがでかい。すぐには買えないですね。

女性にとってカメラはある種のファッションでもありますからね。そこはローライ・ハッセルに行かないと。オートコードやブロニカも素晴らしいんだけどな。それは受け入れられないか。あ、でも女性がブロニカ持っててもちょっとどうかな。ハッセル持っているのと印象はかなり違うかも。ブロニカならかっこいい、ハッセルならかっこかわいいぐらいかな。

個人的に持っててかわいいと思うのは二眼ですかね。そうなるとローライか。あまりにマニアックな二眼だと引くかも。男だとちょっとその辺違うな。プリモフレックスでも全然いける。かっこいい。あくまで個人的かつ見た目ですよ。ホルガでスゲーの撮ってくる人とかいますからね。


Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:銀塩写真




Comments(0) | Trackback(0) |  Flexaret VI

撮らなきゃ写真にならないよ « HOME »

Comment

Commentの投稿

TrackBack



CALENDAR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。