スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



|  スポンサー広告

『月1会』9月度テーマ優勝者決定2012-11-11(Sun)

Tag : 
LeicaIIIg TokyoKogaku-Topcor3.5cmF2.8 Rossmann400 





9月度のテーマは「窓のある風景」。優勝者が決定しました。
優勝はwanikoさん。準優勝はzappagongsさんでした。

今回はどなたの写真も素晴らしかったです。今回のを集めて写真展でもやって欲しいぐらいです。
私は今回wanikoさんとDelytayan Thirdさんに投票しました。ちなみに私はこれです。

以前に「窓」というテーマの時がありましたので、今回は窓そのものだけでなく、窓と何かが写っているものを基準に投票を考えました。

私として、窓のベーシックな機能として明かり取りと風通しかなと考えます。ですから、窓そのもの、物質としての窓ではなく、その機能を表した写真がいいかと。さらに付け加えるなら、私のイメージですが、窓は内から外というのがあります。家の外の人にとっては窓は特に何か作用するものではないと思うのです。もちろん、写真としては十分対象になるものだと思っています。あくまで自分の基準としての話です。

wanikoさんの写真は窓そのものは写っていません。が、光によってその存在を知ることはできます。光が下(写真では上部)まで伸びているのではないので、ドアではありません。その光の中にいる猫で窓の機能をしっかりと表現しているのではないかと思います。また、カラーというのはやはり見る者に対して与える印象が強いと思いました。つまり床の色合いで暖かみといった印象を与えます。肌寒くなって来たこの時期にはとてもいいと思いました。色の持つ強さについて今後検討してみる必要があると個人的には思いました。

一方、Delytayan Thirdさんの写真は窓そのものだけのように見えますが、やはり光です。写真に写っている窓はまさに明かり取りのためにあるような窓ですし、その窓が作り出す陰影を逃さず写しています。素晴らしいです。

次点のzappagongsさんの写真も実は投票対象に考えていました。が、やはり中から外というのがあって今回は投票を見送りました。女性が映り込んだ窓の向こうまた窓となっており、面白いです。とても魅力的な写真だと思います。投票数が多いのもうなずけます。

今回のテーマは以前に「窓」があるだけにどうなるかと思っていましたが、とても楽しい月例コンテストになりました。私はこういうシチュエーションが好きなんだなと思いました。

最近、インスタグラムなどで交流のある方たちの中でフィルムも始めましたという人がいて、嬉しく思っています。月1会のようなグループに加入してもしなくてもいいので、そういう人が増えてくれればと思います。

月1会は特別難しいルールがある訳ではありません。月に最低1本はフィルムで写真を撮ろうというのが守るべきルールです。初心者だろうが、プロだろうが関係ありません。コンテストも参加義務はありません。会員同士の楽しみです。義務ではありませんが、同じテーマで各地の会員が工夫を凝らして撮る写真を見ることが出来るのは面白いですし、自分も参加するとよりそのテーマについて考えるので、その上で他の人のを見ると気づかされることが多く、ワクワクした気持ちになります。面白そうだと思ったら是非参加してみてください。下の「参加してます」バナーから会に行けます。

最後に今日は11日です。黙祷。


Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:銀塩写真




Comments(0) | Trackback(0) |  Etc

今月使ったフィルム « HOME » 抑圧と解放

Comment

Commentの投稿

TrackBack



CALENDAR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。