スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



|  スポンサー広告

『月1会』10月度テーマ優勝者決定2012-12-11(Tue)

Tag : 
PENTAXSPF SMCTakumar55mmF1.8 KodakGOLD100  





10月度のテーマは「声」でした。
優勝はりんのすけさん。準優勝はhurryphotosさんでした。
私はkasimeさんとweekend outdoorsさんに投票しました。ちなみに私はこれ

テーマが「声」に決まった時、ちょっと困ったんですよね。以前、「音」がテーマの時に「声」で出しちゃってたんで。それに最近は自分の中の課題が優先で、テーマについては頭の片隅に程度になっていまして、結局5月に撮った写真を提出しました。
とはいっても、頭の片隅にはあった訳で、撮る時も投票の時も「声」について考えました。
基本的には声には2種類あると思います。コミニュケーション手段としても声。誰か対象がいて、それに向かって何かを伝えるためのもの。それと思わず出てしまう声。歓声だったり、恐怖の叫び声とか。私のは歓声を意識したものでした。投票においては、この2種類それぞれから選んで投票しようかなとなんとなく思ってました。結果、そのようになりましたけどね。

アマチュアでは撮る写真のほとんどがスナップだと思います。美しいモデルを立て、ロケーションを選び、ライティングするということはありません。ですから、必要なのはやっぱり準備と予測だと思うのです。以前にも書きましたけど。kasimeさんとweekend outdoorsさんには周到な準備とタイミングを引き寄せる予測があったように思うのです。そしてその上でちゃんとシャッターを切る。実はいい感じになりそうと思うことはよくあります。でも、シャッターを切れなかった、あるいは遅れるなんてことはしょっちゅうです。お二人はそのタイミングを逃していない。偶然ですよと仰るかもしれませんが、シャッターを切れる状態にしていたというだけで偶然なんかじゃありません。1時間と言わず、1分でもこの状態が持続するなら、私でも撮れるでしょう。しかし、実際はそんなことはありません。ほんの数秒、場合によっては一瞬のことでしょう。瞬間の中の瞬間。それを逃さない。写真を撮る醍醐味でもあるように思います。

今回も様々な作品が提出され、面白かったです。テーマの縛りがなければ、この写真好きだなってのもあり、こういうコンペは難しいと思いました。
優勝したりんのすけさんの写真はもちろん素晴らしいものでした。2種類以外のものがありましたね。ですが、かつてあった喧噪、今の静寂というところで、私は静寂のほうを強く感じてしまったので、投票には至りませんでした。

そして今のテーマは「白」。これまた難しい。悩みながら撮っています。間に合うかな。

このブログを見てくれていて、フィルムを使われている方は会に参加してみてはどうですか。「フィルムを月に1本使うの会」こちらのサイトで活動宣言をすれば入会です。右上のほうに「参加するには」ってのがあります。会費はありません。とにかく月に1本フィルムを使うこと。これだけです。コンペも参加義務はありません。私は色々気づかされることが多いので、ほとんど毎回参加していますが、いいのが撮れなかったなら撮れなかったってだけです。おっと、今確認したら、399名ですね。400番が取れるかも。ちょいと早めに、会長、おめでとうございます。会長にいつもおんぶにだっこですみません。これからもよろしくお願いします。





今日は11日。黙祷。


Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:銀塩写真




Comments(4) | Trackback(0) |  Etc

12月の生存証明 « HOME » 今月使ったフィルム

Comment

「凄いタイミングだ!」って思うような写真をちょくちょく撮れる人は、何かが起こるような臭いを察知できてるんだと思う^^その場の空気とか・・視野の広さもあると思うし^^そうゆう人って街をスナップしても、それこそ100m歩けば36枚撮っちゃう・・そんな人だと思う^^
 もちろんすぐにシャッターを押せるような準備も出来てるんだろうね^^

2012-12-12 00:20 | URL | 23 [ 編集]

>あにぃ

ただなんとなく歩き、シャッターを切っているだけではやっぱダメですよね。
よく観察しないと。あとは迷わず撮る。
自分ももっとよく見て撮ろうと思います。

2012-12-12 19:30 | URL | スライ [ 編集]

スライさん、こんにちは。

フィルム月1本の会ではお世話になっております。
また、今回は月例投稿に投票いただいただけでなく、貴blogで取り上げていただけるなんて、ちょっとくすぐったいです。
ありがとうございました。

シャッターは....、意識して切るようにしています。
ファインダーで対象を見ているか?  見ているような見ていないような....
小生の場合、あんまりじっくり見ていると、いきなり写欲が殺がれて、撮りたくなくなってしまうのです。自分でも不思議なぐらい。
シャッターを切らないと写真は生み出されないわけなんですが。

それに加え、タイトルも重要だな、なんて思っている今日この頃だったりします。

というわけで、早々と「白」提出してしまいました。
12月のテーマが楽しみです :-)

2012-12-13 01:45 | URL | Weekend Outdoors [ 編集]

>Weekend Outdoors さん

こんばんは。コメントありがとうございます。
こちらこそお世話になっております。
素敵な写真だと思いました。私なりの感想を記させてもらいました。
拙い文章で申し訳ないです。

いわゆる「上手さ」というものの要素の中には精度と速度があると思っています。
ピント位置や露出、構図決定の精度、そしてその判断速度といったものが大切だと思うのです。
スナップの上手い人はその要素が一般人では理解出来ないほどのレベルであり、
実際に長々と見ている訳ではないと思います。が、思考はそれよりも先に進んでいるのです。
時間的には圧縮されていても思考量は膨大になり、それが故に飽きてしまうことも。
などと思ったりしてます。

タイトルはとても重要だと思います。
しかしながら、私の場合、会のコンテストではあえて特別には付けていません。
他のコンテストではタイトルも評価の対象かもしれませんが、
テーマがあるし、あまり得意でもないので、ないほうが想像を限定しなくていいかなと思ってます。

「白」はなかなか難しいです。
こんな感じの撮れないかなと思うようなのがあるのですが、
そういう機会を待っていたら期限切れになりそうです。

12月度が「新」になりましたね。
これも写真にするとなるとなかなか…。
またよく考えて撮りたいと思ってます。

2012-12-13 21:43 | URL | スライ [ 編集]

Commentの投稿

TrackBack



CALENDAR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。