スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



|  スポンサー広告

手のかかる子ほど…2009-01-13(Tue)

Tag : 
KIEVII Jupiter-1235mmF2.8 ILFORDXP2 
日は昇る
『El sol』
KIEV II
Jupiter-12 35mm / F2.8
ILFORD XP2
今日は滅法寒かったですね。地元では雪は降らなかったのですが、通学途中の電車の中で雪がちらつくのを見ました。

このレンズにフードをつけて撮った記念すべき一枚目。やはりケラれてます。でもこのままつけて使います。プリントではほとんど目立たないんですよねー。ちょうどはずして焼いてくれてるので。

ただ、今回のフィルムの中に得体の知れない光線漏れがあるようなので、どうしようかと検討中。このカメラ、うっかりしてると入りやすいらしいんですよね。コンタックスのケースでも探して入れようかな。たぶん使えるだろうし。
それにしてもこんなに問題の多いカメラなのに、なんでこんなに気に入ってるのかな。カメラってそういうものかもしれないですね。

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:光と影




Comments(2) | Trackback(0) | KIEV II Jupiter-12 35mm F2.8

やんちゃ坊主 « HOME » 悲しみ

Comment

T*コーティングでもないのに(あたりまえか)、
逆光に強いんですね・・・。
でも、現代のレンズとは少し違う写りでおもしろいなあ。

うちのブロニカも再退院です。
試し撮りした結果、それでもまだうっすらと
線状の過露光が見えるのですが、帯状じゃなくなっただけで、
満足すべきなのだろうなあと思っているところです。

・・・ですね、手のかかる子はかわいいですよね。

2009-01-14 00:29 | URL | どか [ 編集]

>どかさん
退院おめでとうございます。
これからの写真も楽しみにしてます。

このレンズは一応コーティングされているんですけどねー。
さすがに現代モノとは違います。
ノクトンとは全く違う写りなので面白いです。
これからまたアップしていきますねーw

2009-01-14 07:46 | URL | スライ [ 編集]

Commentの投稿

TrackBack



CALENDAR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。