スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



|  スポンサー広告

あなたに出会うとき、その美しさを私は刻もう2009-05-25(Mon)

Tag : 
KIEVII Jupiter-1235mmF2.8 ILFORDXP2 

『メデューサ』
KIEV II
Jupiter-12 35mm / F2.8
ILFORD XP2
ネタがないので、以前に撮ったものから。
最近、五月病的にやる気がでなくて、少しずつしか撮れずなかなか現像に出せません。

それにしても植物をモノクロで撮るのはなかなか難しいですね。背景をもっとシンプルにすればもう少し見やすいものになるかもしれませんが、レンジで35mmレンズとなると・・・。スナップで背景を整理するのはどうしていいのか分かりません。

このアロエはごっちゃりした感じがとても面白く、「メデューサっ!」と思いました。私の頭に浮かんだのはメデューサが退治された時のこと。ペルセウスが掻き切った首をその毒蛇の髪を掴んで持っているイメージです。おどろおどろしい感じに撮れないかとも思いました。

ただ、この記事を書くにあたってウィキで調べるとメデューサはもともと美人で、ポセイドンの愛人だったようです。だから海のイメージがあったのか。アテナより自分のほうが綺麗と言ってしまって、髪が毒蛇の怪物にされてしまったそうです。ペルセウスが退治するときもアテナは手を貸しています。アテナも十分怖い。メデューサがいとおしくなりました。

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:モノクロ




Comments(0) | Trackback(0) | KIEV II Jupiter-12 35mm F2.8

仮に私が哀しみに満ちた瞳で見ていたとしても « HOME » 新しい世界が見られるなら私は何を差し出そう

Comment

Commentの投稿

TrackBack



CALENDAR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。