スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



|  スポンサー広告

仮に私が哀しみに満ちた瞳で見ていたとしても2009-05-26(Tue)

Tag : 
KIEVII Jupiter-1235mmF2.8 ILFORDXP2 

『侵食』
KIEV II
Jupiter-12 35mm / F2.8
ILFORD XP2
モノクロ展は10月半ばぐらいのところで開催するのがほぼ決定。夏休みを使ってプリントしようと思っています。

参加者のスタイルも色々で、フィルム+印画紙だったり、出力がデジタル化してのプリンターだったり、デジカメからプリンターなどなど。その違いもまた楽しみです。

で、前回に続き蔵出しなんですが、現像の時にお店でスキャンしてもらって、サイズを縮小しただけであとはいじっていません。今の私の好みに近い状態で出てくるので、あまりいじる必要がないです。他のお店ならいじったりしますけどね。

先日、あるブログを読んでたら、PCのモニターについて少し触れていました。グレースケールが載っていたんですが、私のモニターでは全ての階調がちゃんと見れました。思えば当たり前のことなんですが、自分が見ているものと、このブログを見てくれている人とでは全く同一のものを見ているわけではないのですよね。モノクロでもカラーでも。仮に見えたものは同一だったとしても、受け取り方は人それぞれで当然違うし。
そういうの忘れてました。

モノクロ展ではここでアップした写真も出品するかもしれませんが、「ブログで見たときのほうがいい」と言われないようにきっちりプリントしたいと思っています。

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:モノクロ




Comments(0) | Trackback(0) | KIEV II Jupiter-12 35mm F2.8

求めているパワーとは違うパワーが何もない空間に身体を押し付ける « HOME » あなたに出会うとき、その美しさを私は刻もう

Comment

Commentの投稿

TrackBack



CALENDAR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。