スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



|  スポンサー広告

失われた断片は失われているが故に無限の可能性を持つ2009-06-07(Sun)

Tag : 
SX-70 600film 
名称未設定 12
『記録の断片』
SX-70 + LBB4 filter
600 film
プリントをしていると、ちょっと悩ましいことがある。

印画紙のサイズはフィルムとその縦横比が違う。
フィルムに写っているものを全部入れようとすると印画紙に余白が出来る。印画紙全体に画像を入れようとすると、フィルムのほうに余りが出る。2Lならばその写し込めない範囲は少ない。しかし、半切になると、思いのほか多くの部分が印画紙に焼き付けられない。場合によっては構図が変わってしまうほど。

撮っているときはファインダーを覗き、その中で自分にとってベストと思われる構図でシャッターを切る。

初めてフィルムで撮った写真を四つ切に伸ばしたとき、お店で受け取った写真を見て愕然とした。あまりにも変わってしまっていた。

このブログのようにコマ全体を見ることに慣れていると、縦横比が変わった画像は新鮮ともいえるし、違和感ともいえる。

印画紙に余白を残し、コマ全体を入れればいいとは思うが、今回はあえてそうしなかった。たまには違うのも見てみたいから。

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:写真と想い




Comments(0) | Trackback(0) |  SX-70

自転車に乗って未知を探しにいこう « HOME » ただ見るのではなく、観察するのだ。

Comment

Commentの投稿

TrackBack



CALENDAR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。