スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



|  スポンサー広告

相棒を失った時、自らの力量を思い知らされる2009-08-14(Fri)

Tag : 
NikonNewFM2 AiAF80-200mmF2.8S KodakT-MAX3200 

『拳』
Nikon New FM2
Ai AF 80-200mm / F2.8S
Kodak T-MAX 3200
ライブで撮ったモノクロが出来てきた。

アクシデントにより、HEXAR RFが使えない状況でこの一眼だけが頼りだった。しかし使うたびにピントの位置が気になり、ファインダーではきっちり合わせているつもりでもはずしていることが多い。かといってカメラの問題かと言えば、そうでもなさそうで、全部外れているわけでもなく、明るい昼間はまったくはずさないから、私の目の問題か。もちろん、絞りは開放なので、非常に薄いピントの中でやっていることもあるだろう。なんにしても今後、一眼の使用頻度はますます下がりそうだ。写り自体もちょっと気に入らない。レンジのほうがモノクロを撮った時に中間の階調が綺麗に出るような気がする。75mm程度を手に入れ、HEXARでまかなうようにしようと思っている。

今夜はちょっと飲み会に参加。

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:モノクロ




Comments(2) | Trackback(0) | Nikon New FM2 Ai AF 80-200mm F2.8S

撮ったという事実こそが私を支える « HOME » アンチ

Comment

素敵な一枚ですね~  溜息が出ます。
こんなふうに 皮膚の柔らかさや滑らかさや力強さを 光で表現してみたいです。

2009-08-24 23:40 | URL | ちぃ [ 編集]

>ちぃさん
ありがとうございます。
この時撮った写真の多くが没になってしまいましたが、
わずかに残った写真の中の一枚です。
直接ライブには関係なかったのですが、
撮っておいてよかったと思いました。

2009-08-25 06:27 | URL | スライ [ 編集]

Commentの投稿

TrackBack



CALENDAR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。