スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



|  スポンサー広告

撮ったという事実こそが私を支える2009-08-15(Sat)

Tag : 
NikonNewFM2 AiAF80-200mmF2.8S KodakT-MAX3200 
000010.jpg
『開演前』
Nikon New FM2
Ai AF 80-200mm / F2.8S
Kodak T-MAX 3200
モノクロ展に出せるものが撮れればいいと思っていたが、結果はほぼ惨敗。撮らせてくれたバンドの子たちに対する言い訳程度の写真が残った。

Try & error を繰り返し、その度に自分を修正していかなければならないが、error の部分は相当に痛みを伴う。時には撮る気持ちが萎えるほどだ。今のお前はここがダメなんだと目の前につきつけてくる。しかし、そのことが自分の今の位置を示し、確保し、これからの足場になる。山の頂を目指し、少しずつ登る、そのためのハーケンのようなものだ。Try & error における error は自分を突き落とすものではなく、「これから気をつけろよ」という厳しいながらも優しい励ましなのだ。

今日もどこかにハーケンを打ち込みに行こう。
次の一歩のために。

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:モノクロ




Comments(2) | Trackback(0) | Nikon New FM2 Ai AF 80-200mm F2.8S

意志のある静寂 « HOME » 相棒を失った時、自らの力量を思い知らされる

Comment

とても身につまされる文章です・・・。
おっしゃるとおり、1ロールざーっと見て、
ほとんど見るべきものが無いときは凹みますよね、心底。
でもすらいサンがおっしゃるトライ&エラーというのは、
フィルムにしがみついているカメラマンの特権でもあるので、
やっぱり、砂を噛むような思いをしてでも大事にしたいなと思います。

・・・と言いつつ、最近のわたしはめっきりモチベーションが低下気味。
夏の大阪はちょっと、・・・街撮りには過酷すぎるなあとつとに(涙

2009-08-15 12:45 | URL | どか [ 編集]

>どかさん

> フィルムにしがみついているカメラマンの特権
言われてハッとしました。最近デジタルをほとんど使っていないので、
フィルムとの違いをすっかり忘れていました。
それを思うとフィルム一本というのはなかなかいい区切りなんだなとも思います。
砂は噛みまくってじゃりじゃりしてますけどね。

確かにこの時期はしんどいですね。
私も無理やりにでも理由を作って撮ったりしてます。
じゃないと本格的に引きこもりそう。

2009-08-15 20:39 | URL | スライ [ 編集]

Commentの投稿

TrackBack



CALENDAR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。