スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



|  スポンサー広告

ニジムソラ2009-08-16(Sun)

Tag : 
HEXAR RF NOKTON35mmF1.2 KodakEktar100 

『El cielo que está borroso』
HEXAR RF
NOKTON 35mm Asph. / F1.2
Kodak Ektar 100
大失敗に終わったライブ写真では初めてT-MAXの3200を使った。

大昔、私がまだ普通の大学生だった頃、大学新聞に籍を置いていた。スポーツ部だったので、毎週末は取材に行き、写真を撮り、話を聞いて記事を書いていた。
屋外だけでなく、室内での撮影も多く、撮影時の選択肢が増えるように明るいズームレンズ、速いシャッタースピードのカメラが必要だった。

そしてフィルム。当時は長巻からそれぞれパトローネに巻き取り、それを持って出かけていた。感度は400。暗いところでは増感現像でこなしていた。そのときの写真はとても粒子の粗いものだった。T-MAXの3200は随分と綺麗だと思った。

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:スナップ写真




Comments(0) | Trackback(0) | HEXAR RF Nokton 35mm F1.2 Asph.

白く煙るほどに « HOME » 意志のある静寂

Comment

Commentの投稿

TrackBack



CALENDAR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。