スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



|  スポンサー広告

左目を通過した光が世界を作る2009-09-09(Wed)

Tag : 
NikonF3 AiNikkor50mmF1.4 KodakEktar100 

『Hermanas』
Nikon F3
Ai Nikkor 50mm / F1.4
Kodak Ektar 100
Retina揃い踏み。
レチナって網膜とかそういう意味らしいです。二つ揃って人並みってことですかね。私の場合、片目がやられているので、二つ揃うと負けます。

Heligonの付いたほうのレチナで撮ったモノクロを見直してたんですが、いい写りですね。最近ちょっと気の重いことがあって撮る気力を削がれているのですが、またこれでモノクロを撮りたくなりました。

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:フィルムカメラ




Comments(2) | Trackback(0) | Nikon F3 Ai Nikkor 50mm F1.4

行き先はまだ決まっていない « HOME » 足元にあるベクトルが指し示す方向へ

Comment

うつくしい・・・。
レチナは綺麗なカメラですよね、やっぱり。
バルナックはともかく、M型ライカでも、
太刀打ちできないくらい、官能的な「機械」だと思います。

2009-09-09 23:33 | URL | どか [ 編集]

>どかさん
私もそう思います。
究極的な機能美を備えていると思います。

バルナックが気になってしまうのもしょうがないですw

2009-09-10 19:53 | URL | スライ [ 編集]

Commentの投稿

TrackBack



CALENDAR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。