スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



|  スポンサー広告

この街に私はいる2009-11-13(Fri)

Tag : 
HEXAR RF NOKTON35mmF1.2 ILFORDXP2 

『彼岸の人』
HEXAR RF
NOKTON 35mm Asph. / F1.2
ILFORD XP2
『深夜食堂』が見たいなと思ったら、私の地方では放映されていない。なぜだ。地味だからか。

また京都に行きたくなった。
特にお寺が好きなわけでもないし、歴史にも詳しくなく、なぜかよく分からない。

基本的に地方の都市が好きだ。
東京には興味が湧かない。それよりは札幌だったり、仙台だったり、神戸や福岡のほうが気になる。

都市には新陳代謝があり、東京ではそれが早すぎる。もちろん、それこそが東京の魅力の一つだと思うのだが、今あるものも気がつけば失われているということもあり得る。新陳代謝がなければ寂れていくだけだが、地方都市にはほどよい速度があるのではないかと思う。それゆえ残るものがあるのだ。

自分は自分でありながら、その存在は他の誰かでもよく、簡単に置き換えられてしまうような感覚が新陳代謝なのだろうか。地方都市ではそこまで簡単に置き換えられてしまうというような感覚はない。

しかしながら、ふわふわと漂うような泡のような存在と思うから、あてもなく漂うのではなく、どこかに中心点を求めるのかもしれない。あるいは自分の位置を確かめるための杭を打つ。そうすることで自分が自分たりえるのかもしれない。だからこそ東京には『深夜食堂』が存在し得る。そこでは人の形をしたなにかではなく、自分になるのだ。

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:モノクロ




Comments(0) | Trackback(0) | HEXAR RF Nokton 35mm F1.2 Asph.

私の心の奥深くに入ってくるのは何故だ « HOME » 現実の世界を歩き回っても

Comment

Commentの投稿

TrackBack



CALENDAR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。