スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



|  スポンサー広告

喜びの色が悲しみに色に換えられるかもしれない2009-11-29(Sun)

Tag : 
NewMamiya6 G75mmF3.5L KodakEktar100 

『書斎』
New Mamiya 6
G 75mm F3.5L
Kodak Ektar 100
こういうのを読むとますますMacが欲しくなりますね。

このネタ、前にも書いたかもしれませんが、某ブログを読んで、他の人のPCで自分のブログを見たら、その色の違いに驚き、がっかりしたというのが書いてありました。

それでこのことを思い出したわけです。

ソフトのことだとか、他の人とのデータのやり取りがあるので、相変わらずXPを使っていたりするのですが、Macの人口が私の周りで増えればすぐにでも乗り換えるのに。そうでないと共同作業をしたくても一人でやらないといけなくなる。

少なくとも上記のサイトの3枚の写真の色は同じになるように私はしてます。以前はしてませんでした。そのときはそれぞれが全く違う色でびっくりしたのを覚えています。

大体、IEはブログのCSSをいじっているときにあまりに言うことを聞かないので、放り出したってことがありました。色もそうだったのか。

カラー写真をアップし、その色についてうんぬんするってのはWindows PC上では難しいのかもしれないですね。

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:京都の風景




Comments(2) | Trackback(0) | New Mamiya 6 G 75mm F3.5L

凝視することで世界は一点から全方位に拡散していく « HOME » 恋愛はそれほどまでに魅惑的か

Comment

カラーマネジメントをアプリケーションレベルではなく、
OSレベルでやっているマックはすごいですよね。
うちには一応ウィンドウズ機もあるので、
時々画像の見え方をチェックしますが、IEは正直ひどいかと
(ウィンドウズならFFの最新版が必須ですよね)。

マミヤ、相変わらずのピンの切れ込み。
素敵です。

2009-11-29 17:44 | URL | どか [ 編集]

>どかさん
そうなんですよね。OSレベルでってのがすごい。
マックが欲しくなりますw

マミヤはやります。
しかし簡単すぎます。贅沢です。

2009-11-29 18:51 | URL | スライ [ 編集]

Commentの投稿

TrackBack



CALENDAR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。