スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



|  スポンサー広告

孤高の人2009-12-21(Mon)

Tag : 
ZENZABRONICAS2 Nikkor-PC75mmF2.8 KodakEktar100 

『光の中で』
ZENZA BRONICA S2
Nikkor-PC 75mm F2.8
Kodak Ektar 100
このブログでは写真などのファイルを1GBまでストックできる。一枚あたりは500KBまで。

当たり前だけど、ファイルが小さいほうが続けていく上ではいいのだけど、実際どこまで小さくしたらいいのか分からない。あまり小さくすると目に見えて劣化している。

今は最大で250KBで画像データを作っているが、他の人のブログを見ると、もっと小さい。処理の仕方が違うのか、画質に影響が出ている人、ほとんど出ていない人がいるので、どのように処理しているのか気になる。

今の時点で容量はまだ半分以上残っているので、大学を卒業するまでは持つだろう。もしいっぱいになったら他のサイトに画像データを置いて呼び出すようにしようかな。

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:光と影




Comments(2) | Trackback(0) | ZENZA BRONICA S2 Nikkor-PC 75mm F2.8

もう大好きな君しか撮らない 【限定公開】 « HOME » 新しい世界がそこにあるのなら

Comment

ファイルサイズに上限を設けてるのですね、
・・・なるほど、わたしはそこは考えてませんでした。
自分のファイルサイズもあまり知らないのですが、
フォトショップで TIFF ファイルを JPEG に書き出す際に、
JPEG の圧縮率をミニマムにしてもディスプレイ上に差は出ない、
・・・と専門家の方に伺ったので、いまは
「最高画質」ではなく「高画質」程度に留めてます。

わたしが気になるのは「シャープネス」です。
同じレンズを使っていても、ヒトによって、
到底「個体差」に収まりきらないほどの差がありますよね。
恐らく、現像時に CD-R に書き出すとかなりシャープネスは高まり、
自前でスキャンしていると、シャープネスは弱めになっている。
・・・という傾向はあるような気がしています。

レンズの特性としての解像度と、
デジタル現像時の処理としてのシャープネス、
それを並行して論じるのはとても困難だろうと思ったりです
(関係ないことをグダグダとすいません・・・ 汗)。

2009-12-22 02:54 | URL | どか [ 編集]

> フォトショップで TIFF ファイルを JPEG に書き出す際に、
> JPEG の圧縮率をミニマムにしてもディスプレイ上に差は出ない、

そうだったんですか。
確かにどかさんのはおかしくなってないんですよねー。
私の場合、お店スキャンのjpegなので、あまり小さくすると極端に落ちていってしまいます。

シャープは画像を小さくするとネムくなるので少しだけかけています。
たぶんお店のほうでがっつりかけているので、それに引っ張られているかもしれませんね。
目が慣らされちゃって。

> レンズの特性としての解像度と、
> デジタル現像時の処理としてのシャープネス、
> それを並行して論じるのはとても困難だろう

同感です。
今はL判の同時プリントかPCの画面上でしか見ていません。
もう少し大きく伸ばしてみないとレンズの力というものは感じられないでしょう。
デジタル処理により多くのことが出来るようになりましたが、
それによって見えなくなってしまったものもあるのかもしれません。

2009-12-22 18:19 | URL | スライ [ 編集]

Commentの投稿

TrackBack



CALENDAR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。