スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



|  スポンサー広告

風に消されるとしても残していくしかない2010-02-13(Sat)

Tag : 
NikonF4S AiAF35-70mmF2.8 ILFORDXP2 
『アシアト』
Nikon F4S
Ai AF 35-70mm F2.8
ILFORD XP2
このカメラをライブ用に入手したのはいいのだが、まだ実戦投入の機会がない。

ズームレンズはとても便利でいいのだが、これ以上の明るさを望むべくもなく、暗い会場では感度を上げていくしかない。きっちりと止めて撮りたいと思ったら、シャッタースピードを落としていくのも限界がある。

実戦の時にはこれまでとちょっと違った撮り方をしたいと思っている。いつもは学校で行われるライブを撮っているのだが、次はライブハウスで撮ることができそう。照明が全然違うし、演奏する人たちの動きも変わってくると思う。逆にこちらの動きはいつもより制約が大きくなりそう。想定できることは前もってイメージしていかに撮るかということを準備しておき、そうではない突発的なことに対しても十分対応できるようにしておきたいと思っている。

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:海のある風景




Comments(0) | Trackback(0) | Nikon F4S Ai AF 35-70mm F2.8D

フィルムを月に1本使うの会 « HOME » 知らないことはたくさんあって

Comment

Commentの投稿

TrackBack



CALENDAR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。